Artist: Sebastian Masuda

  • 2013.09.23 Monday
  • 12:41
先日、増田セバスチャンさんを撮影させて頂いた!

ご存知ない方のためにいちおう説明しておくと、増田さんは原宿カワイイカルチャーの第一人者で、裏原宿にあるショップ、6%DOKIDOKIのプロデューサーであり、アートディレクター。
最近では、きゃりーのPVやライブの美術を手がけている人、としても有名。

いまでこそ世界に評価される原宿カワイイカルチャー、と世間では言われてるけど、90年代以降、日本の原宿文化のベースが作られ、下火になったゼロ年代にその火が消えずいまに伝えられてきたのは、増田さんとFRUiTS編集長の青木さんのふたりの功績によるところが大きい。


…とまぁ、うんちくはいいとして、いろいろとお話を伺ったのだが、予想通りというか、とても素晴らしかった!
日本の美術界は、全力を挙げて増田さんをバックアップすべきだと思う。

詳しくは、今月末発売のSHUTTER Vol.10に掲載されているインタビューを見てください。
これから表現を目指す若い人たちにも、ぜひ読んでもらいたいです。

自分自身の表現を続けて、妥協せず、評価されている人の話は絶対に参考になるはず。

一番共感したのは、作品の『強度』のお話。

作品は、多くの人の目にさらされて、批評されることでしか磨かれない。
磨かれて『強度』を増した作品しか、世の中には評価されない、ということ。

インターネットで爆発的に情報が拡散し、人々がツールとして、発表の場としてネットワークを求めていた流れは、すでに過去のものになりつつある。
急速に時代が変わって、ここ数年、内向きのコミュニケーションへと戻りつつあるのをすごく感じている。

Harajuku Kawaii Experienceという世界ツアーや、H.U.G. というイベントで、原宿文化を次世代につなぐ啓蒙活動などを行なわれているのも、尊敬します。
たぶん、誰もやらないから自分でやっちゃえ、という勢いと使命感なんだと思うけど、大先輩としてこういう方から直接お話を伺って、とても勇気が湧きました。

語りたいことはもっといろいろあるんだけど、まぁまだ本が発売前というのもあるし、インタビューに大事なことはひと通りまとめてあるので、興味のある方はぜひ読んでみてください。

Enthusiasm

  • 2013.08.27 Tuesday
  • 23:37
原宿で撮影2本のあと、横浜にてイベント会場の内見2ヶ所&打ち合わせ!
あまりの暑さからか、ノートMacが壊れたので、夜はパソコン買いに行きました!!
それにしても、なんでパソコン選びってこんなにつかれるんだろ。。

その間にメールのやり取りなど。
いろいろなことが着々と進んでいます。

午後から撮影したbomiちゃん、素敵でした!
すごい才能にあふれていて、感性が豊かで、本当に心から応援したいアーティストです。何か一緒にできたらいいな。みんな聴いてみて!

こういう人と出会ったとき、自分はいま、ちゃんとできてるか、もっとやらなきゃ、って我にかえります。
前向きさ、ひたむきさが世の中を動かすと信じたい!

さて、写真がんばって選ぼう!!

『PHOTO LOUNGE』Vol.2 本日開催

  • 2012.02.26 Sunday
  • 03:38
告知遅れましたが本日2/26(日)、写真のイベントを開催します。
スライドショーがもっと一般的になるといいなと思ってスタートした、誰でもプレゼン可のフォトLIVEです。
開催2回目にして、早くも来場者50名超えそうな勢いで盛り上がってきています。
参加者のみなさんは作品(ポートフォリオ)も持参されますので、見に来るだけでも面白いと思います。
ぜひご来場ください。

僕も準備が間に合えば、「アーティスト写真」(CD・レコードなどのジャケット写真、ミュージシャン、俳優などのポートレート)の歴史を、プレゼンテーションします。
60年代以降〜現在までの音楽シーンや時代背景を踏まえながら、欧米と日本のアーティスト写真がどう変わってきたか、そしてこれからどこへ向かうのか?をお話しします。
(間に合えば...って感じなので、あまり期待しないでください...)
ではまたのちほど。

 『PHOTO LOUNGE』Vol.2
開催日 2月26日(日)
開催時間 18:00 open 19:00 start
前売 2,500円(1ドリンク付)
当日 3,000円(1ドリンク付)
出演:井出 眞諭、インベカヲリ★、小池みどり、白神政史、松永佳子、松浦文生、
宮腰まみこ、chie*(Luv2Luv Baby)、KEN3TV、sanagi、Scary Catty

会場 SARAVAH東京
東京都渋谷区松濤1丁目29-1 渋谷クロスロードビル B1
TEL 03-6427-8886

※ドリンク込みの料金に表記が変更になりました。
 

※観覧希望の方へ

事前予約だと前売 2,500円(1ドリンク付)でご入場できます。
会場のサラヴァ東京に直接ご連絡ください。

Email from a Publisher.

  • 2011.11.29 Tuesday
  • 13:00
海外の出版社から、世界の著名フォトグラファーを特集した本をつくりたいので作品を掲載させてほしい、とのオファーが来た。

昨日は次号SHUTTERの表紙・巻頭撮影だったけど最高のものが撮れた。
スタッフのみんなありがとう!

終了後は米原康正さんの事務所へ。
日本の雑誌がなんで外人モデルを使うのか?
僕もまったく同意見。日本人だったら日本人撮れよ、と思う。
刺激的な話が聞けてよかった。

本当の意味でのクリエイションを世に送り出そうとしてる人たちはちゃんといる。
先日お会いしたRUBY PAPERの近藤麻由さんもそう。

創り出したものひとつひとつには、その人の意志、深い意味がある。
その意味を、感じてほしいと思う。

さて、今日は朝から先日撮影したカットのセレクト。
がんばろう。

Tamron special site updated : Eternity at a moment

  • 2011.09.21 Wednesday
  • 07:47
Tamron special site updated.
Some images released I shot for 60th Anniversary.
Please check this out.
The exhibition will start from 5th - 11tth Oct, at 3331 Arts Chiyoda.

タムロン60周年記念「Eternity at Moment 写真家60人の瞬間と永遠」
私、山田敦士の作品が特設サイトで公開されました。
ぜひご覧ください。

写真展は来月10月5日〜11日まで、3331 アーツ千代田にて開催されます。
(おって詳細ご報告します)
 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM